プリムワークス

BLOG

海やプールでの髪のダメージ

   

海水浴を楽しんだあと、髪が傷んだとおっしゃるお客様が多いです。

原因は海水に含まれる塩分が原因です。

髪の毛に塩分が付着すると、髪の毛の中の水分を吸い取ってしまいます。
その結果、髪の毛が傷んだ感じがするのです。

また、海水は弱アルカリ性です。

髪の毛はアルカリ性になるとキューティクルが開く性質があります。

つまり、海水に濡れた髪はキューティクルが開いているため、損傷しやすい状態と言えます。

髪のダメージがひどくなると、指通りギシギシしてきてしまいます!

海だけでなく、プールでも髪は傷みます。

原因はプールの水に含まれる塩素です。

塩素は殺菌のために使われていますが、酸化力を持っています。

酸化作用は髪や頭皮の細胞にダメージを与え、老化を早める原因になります。

大切なのは、夏に傷んだ髪をしっかりケアすることです!

濡れた髪はできるだけ早く乾かしたり、アウトバストリートメントで保湿したり、シャンプーを低刺激のものにかえたり。。。

もちろん!美容室でのトリートメントで集中ケアされるというのもいいと思います!!!

是非お困りの方はプリムのスタッフまでご相談ください☆

 - ヘアケア